ウィルマイン(結婚相談所)を始めた理由

今日は、私がなぜウィルマインを始めたのかを、書こうと思います。

 

ざっくり結論から言うと!

 

私が結婚に失敗したからです。あせるあせるあせる

 

私の結婚生活が上手くいかなくなり、4年間の別居生活の中、

結婚について毎日毎日自問自答していました。

 

何故こんな風になってしまったのか?

もしあの時〇〇だったら、、、、?

これから先修復出来るのか?

 

とにかく、それまでの結婚生活を振り返り、ありとあらゆる亊を考え、

 

行きついた結果が,,,

「今のパートナーとの離別」

でした。

 

 

私が結婚した1番の理由は37歳での、予定外の妊娠でした。

 

当時、私もパートナーも、お付き合いはしていましたが、

結婚を意識していたお付き合いではありませんでした。

 

その頃は私自身、銀座でママとして働いていましたし、

結婚願望は無く、自分の人生設計に子供を産む予定すらありませんでした。

 

パートナーも、結婚したくないと思っている恋愛至上主義だったので、

お付き合いするには、ピッタリの相手同士だったんです。

 

でも、、、

 

予定外の妊娠!!

 

私とパートナーは、頭を抱え悩みましたゲッソリゲッソリゲッソリ

 

私の年齢からから考えると中絶なんて、無理!!!

 

パートナーは、恋愛はしていたいけど、結婚には消極的。

「俺、しっかりしたいけど、しっかり出来ないんだよ~~」

 

と、何とも悲壮感満載のスタートでした。ガーン

 

実際、パートナーは私の妊娠中、ずーーーーっとマタニティーブルー&マリッジブルー

でも、まだ妊娠中はそれでもラブラブ期間でした。

 

しかし

 

子供が産まれたら滝汗

 

結婚 育児を全く考えていなかった私たちの結婚は、子供が産まれた瞬間から

破綻の一途を歩みだしました。

 

子どもが産まれるまでは、パートナー中心の生活でした。

 

でも、子供が産まれたら2、3時間おきの授乳、

常に抱っこでトイレも抱っこしたまま、、、

特に辛いのが寝不足で、3時間寝れたらラッキーなくらい。

子供は毎日お風呂に入れても、自分はお風呂どころか

シャワーも使えない日も度々、、、

 

私のパートナーは、自分が構ってもらえない事で、

毎晩のように銀座、六本木に繰り出し、クラブやキャバクラでいいから

恋愛ごっこ、、、

 

お金も時間もたっぷりあるパートナーを選んだんですもん笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

毎晩夕方になるとムクッと起きて、ギャートルズ(古っ)のでいいから母の様に

片乳放り出して授乳しながら愚図る子供をあやす私を見向きもせずあやす、

お洒落して銀座や六本木に出かけていくパートナー

 

出がけに、

「ベイビーとゆっくりしてね」

 

出来るか、ぼけぇ~~ムキームキームキー

 

そして、帰って来るのは翌日の朝かお昼、、、

 

今振り返っても、あの時の私は結婚についての覚悟や責任、

結婚の意味をまるきり解っていませんでした。

恋愛中に、こんなに楽しいんだから、

結婚したらもっと幸せがやってくると思っていました。

勝手に幸せがやってくるなんて、私も相当なオメデタ野郎です笑い泣き

 

結婚をする人は、人間として出来上がっているからするんじゃないんです。

そんなの待ってたら、みんな還暦過ぎまで独身です。

 

まだまだ1人前じゃなくても、未完成だからこそパートナーと、

お互いを支えあい信頼と愛情を深める人間力を育む1番小さな社会が

家族なんですよね。

 

銀座時代には、それなりに様々な形の恋愛をしました。

でも、その恋愛に結婚は選択しない恋愛でした。

 

なぜなら、その時の私は「今の状態が最高!」「このままで良い」

と思っていたからです。

 

無意識の中に、結婚に向いていない自分、結婚相手として見られない自分を

解っていたのかもしれません。

はっきり言うと、自分自身の中身を高めようとする意識に蓋をして、

私は結婚には向いていないという事にしていたんだと思います。

 

私がもし結婚するなら、年収〇〇〇以上なんて条件を恥ずかしながら思っていました。

 

素敵な人には素敵なパートナーがいるんです。

最初から出来上がってた人とパートナーになったのではなく、

そのパートナーと、お互いを尊重し築き上げてきた結果です。

 

素敵に見えるのは、その人のパートナーの関係が良好で、

1番小さな社会『家庭』を構築することに努力を惜しまず、

守り、育み、パートナーとの絶対的な信頼関係があるから

余裕を感じ素敵に見えるんだと思います。

 

最初から完璧ではなかったと思います。

 

結婚をして、結婚生活を通じてパートナーとの将来像を話し合いながら、

お互いの未来像に共感、理解を深める事で、家族になっていくものだと思います。

 

何が言いたいか

 

条件が良い相手が、結婚相手として自分の最高のパートナーとは言えない

 

と、いう事です!

 

これまで銀座生活で見てきた、それぞれの幸せの形を築かれたご家族の事を思い返し

結婚とは、パートナーと共にお互いを高め合う共同作業

なんだとつくづく考えさせられます。

私のパートナーだった相手は、経済的には文句なしでした。
でも、それだけでした、、、

お金は結婚生活には必要です。
でも、お金だけでは家族、夫婦は成り立たないんです。

ウィルマインでは、結婚を考えているあなたに、より良い結婚生活を歩んで

自分自身の幸せを掴めるお手伝いをさせてもらいたい。

 

これが、私の結婚相談の主軸です!!

あなたがもし結婚を真剣に考えて、今よりもっと幸せを感じたいなら、

あなた自身、目先のことに惑わされず、自分の将来を一緒に歩める相手を見る目、

そして、あなたもそのパートナーに選ばれる人になってもらいたいキラキラ

 

あなたは幸せな結婚生活を送りたくないですか?

それとも、

条件だけの良い結婚をしたいですか?