実例:どうしたら結婚できるんですか?

婚活している人の率直な相談内容

「これだけ婚活しているのに、結婚出来ない。どうしたらいいですか?」

「お見合い相手も妥協して申し込んでいるのに結婚出来ない」

「仮交際に進んでも、真剣交際になる前にお断りされる」

答えはあなた自身にあります。

何年もいろんな婚活ツールを駆使して婚活をしていても結果が出ないということは、ツールや婚活期間

の問題ではない事が明確です。

婚活アプリを使って成婚する人、結婚相談所で成婚する人、婚活スタイルは違っても婚活成功者には共

通点があります。

 

相手に対して【上から目線】という行動言動をしていませんかと聞くと、みなさん口をそろえて「そん

なことはしていない」と言います。

 

【上から目線】は本人は気づいていない。

 

例えば、コネクトシップを利用してお見合いを組む場合、お申込みをしてお互いがOKであれば、仲人・

カウンセラーを通さずお互いに希望日時を提示しあい、お見合い日程を組むことになります。

 

JBA・BIUのお見合い日程であれば、仲人同士で互いの会員の希望日程を聞き日程調整をしますが、コ

ネクトシップの場合は会員本人が当人同士で日程調整をします。

コネクトシップは会員にとって、大手相談所や加入相談所以外の他社相談所の会員とのマッチングが出

来るため、出会いの幅が広がるツールであり、早期の結婚を考える人には、自分が加入している相談所

の連盟以外の相手と出会えるためご縁に繋がりやすい利点があります。

会う前から人間性が出る

 

通常の結婚相談所のお見合いであれば、仲人・カウンセラーが日程・場所をセッティングします。

お相手相談所と日程調整をするのですが、必ずお相手の相談所会員さんに失礼がないよう、こちらの希

望を伝えるときも、お相手からの提案を考慮して伝えるようにしています。

その分時間がかかるといった事はありますが、気持ちよくお見合いをしてもらうために相談所は尽力し

ています。

会員同士がお互いでお見合い日程を組むのは、本来なら仲人・カウンセラーの仲介がない分、時間的に

スムーズにいくと思われがちですが、婚活が上手くいかない人は、必ずここで躓きます。

 

自分の都合や、価値観を当たり前と思わない

 

お見合いの申し込みをしてOKであっても、会ったことのない相手です。

内面の性格や価値観は、プロフィールだけでは解りません。プロフィールだけを見て、結婚相手として

関心がある・直接会ってみたいとお互いに感じる事でお見合いが成立しています。

 

JBA・BIU・コネクトシップを利用してお見合い成立した男性会員

・現段階で2人との仮交際中

・お見合いが月に2~3人

・土日休日で、お見合いや仮交際の相手とのデートも土日限定。

 

お見合いから仮交際になり、仮交際の相手と連絡を取り合い、週に1度はデートしながら、新しいお見

合いも申し込みをしてそれが決まればお見合いをセッティング。

婚活していて嬉しい悲鳴状況です。

男性会員が、土日休日のため、デートもお見合いも土日に集中します。

平日は残業多く、時間が取れない分、土日集中の婚活をしていました。

 

男性会員の考え方

「自分はこんなに忙しい中予定を調整しているのに、相手からのレスが遅い。」

「いくつかデートプランや日程を打診しているのに、相手の都合で調整できない。」

「仮交際の相手とのデートをやりくりしながらお見合い日程を提案しているのに、レスが遅い」

 

全部自分ファースト

 

自分の状況は相手にわかりません。

結婚相談所で活動していれば、通常自分の活動状況(お見合い人数、仮交際人数)はお相手に伝えない

事がルールです。

仮交際中は、同時進行で仮交際も、新規お見合いも組めますが、「自分は〇人交際中です」なんて言う

人とお見合いしたくありませんよね。

お相手も、仮交際中の人がいるかもしれません。

自分の状況からの選択をしてばかりで、相手の状況や気持ちを推し量る余裕がない。

 

婚活が上手くいかない人は、【自分を棚に上げて、相手の行動を非難する】傾向が強いのです。

自分が他に仮交際、お見合いを設定していても、お相手に仮交際中の人がいるのではないかと考える

と、一気に非難めいた言葉を出してきます。

 

結婚相談所の婚活

 

「自分は仮交際して良くて、相手が同じことをしていたら失礼だ、真剣さが無い」

「自分だけ忙しい思いをして時間を作っている」

 

大間違いです!

婚活状況が忙しいのは、良い事なのに、それをマイナスに捉える事自体結婚体質になっていません。

結婚とは、自分本位な考えで成立するものではなく、相手の考えを共有し擦り合わせていくことです。

仲人・カウンセラーがいなければ【怒り】【不満】の感情で相手を見る行為は【結婚体質】になる覚悟

が出来ていません。

自分の環境、状況を踏まえ、相手の立場や気持ちを思いやる気持ちが無ければ上手くいくはずもありま

せん。

本当に結婚したいなら【相手あってのご縁】という事を今一度考えてください。

あなたが今悩んでいる事は、お相手がいてこそ発生しています。

せっかくのご縁を、自分の小さなプライドや、こんなに忙しい中時間を作っているといった奢った考え

を今すぐやめ、「出会う機会を作ってくれてありがとうございます」と思えるようになれば、必ず結果

が変わってきます。

 

お見合い後

「変な人で、とても苦痛だった」

「会うだけ時間の無駄だった」

こんな報告を受ける事がありますが、ほとんどの場合、相手も同じ感想を抱いています。

良い出会いに巡り合う為には、結婚したいなら、自分自身の婚活に対しての覚悟や仲人・カウンセラー

のアドバイスを素直に聞いてみる事が近道だと思います。

 

 

The following two tabs change content below.
結婚カウンセラー/NPO日本家族カウンセリング協会員。 心理カウンセラー/メンタルトレーナー/DNAアドバイザー/病児保育スペシャリスト/幼稚園教師/保母免許保持