新規無料面談での相談内容の番外編

新規の無料面談の相談事例

女性:30代後半

相談内容

【他社の結婚相談所に入会しているが、申し込み人数に制限があり、申し込み人数には不満がある。

自分が申し込みしてもお断りされ、希望の相手の年齢は同世代なのに、申し込みや相談所からの紹介相

手は10才以上年上や、年収が低い人ばかりで相談所を変えたいと思っているが、担当のカウンセラー

が30代の男性で、そのカウンセラーはすごく親身に話を聞いてくれて、とても素敵な男性なので今は

相談所の会員ではなく、そのカウンセラーに惹かれている。

結婚相談所は変えたいけれど、男性カウンセラーと会えなくなるのも嫌だし、退会を言い出すのも気が

引けるので、どうしたらいいですか?】

今のあなたはどこの結婚相談所でも結婚出来ません。

30代後半の女性の相談内容ですが、話を聞きながら一体何を相談されているのかわからなくなりまし

た。

婚活市場では、30代後半女性の場合10才上までの男性とのお見合い成立は高いのですが、同世代の

30代後半の男性とはなかなか成立しにくい事があります。

30代後半女性は出産を視野に入れると、1年でも早く結婚して出産できる環境が必要です。

30代後半の男性は、自分よりも5~10才若い女性を希望されることが多く、30代後半女性が早期

の結婚を考えるなら、年齢の幅を広げた方が成婚に繋がりやすいのです。

このようなお話をして、今入会されている相談所は早期の成婚を考えて紹介しているのではないかとお

伝えしました。

 

相談内容の真意とは

私なりに結婚市場の現在の状況と、その女性の婚活市場での位置を明確にし、今後の活動に役立てても

らえればいいなと思ってアドバイスしました。

すると、

「それはわかっているんです。実際の自分の置かれている立場はわかっています。それをわかった上で

担当の男性カウンセラーは私に対し、いつも優しくしてくれて何を言っても笑顔で対応してくれるんで

す。彼と比べると実際のお見合い相手が物足りなくて、、、担当のカウンセラーさんは、こんな自分に

凄く優しいし、私の年齢についても問題ないと言ってくれています。彼とならうまくやっていけると思

いますし、私本当は彼とお付き合いしたいんですよね~」

 

この女性の婚期はまだまだ先になるでしょう。

担当のカウンセラーが優しくて、気遣いが出来て、いつも真剣に話を聞いてくれるのは、それが彼のお

仕事です。

婚活していて気持ちが弱っているときに、イケメンカウンセラーに優しきされて気持ちがなびく事があ

るかもしれませんが、それは婚活とは違います。

恋愛したいから結婚相談所に入会するのではなく、真剣に結婚を考えている人は結婚相談所で活動しま

す。

相談者は30代後半女性ですが、5年後10年後の後悔しないよう心の成長をすることが先決だと感じ

ました。

結局相談者の女性は

「男性カウンセラーに時期を見て告白してみます」

とお帰りになりました。。。

仲人としての無力さを感じざるを得ない面談でした。

 

The following two tabs change content below.
結婚カウンセラー/NPO日本家族カウンセリング協会員。 心理カウンセラー/メンタルトレーナー/DNAアドバイザー/病児保育スペシャリスト/幼稚園教師/保母免許保持