結婚相談所で好きになった人と結婚したい

結婚相手は【好きな人】としたい

婚活している人のほとんどが考えている事でしょう。

結婚相談所での出会いの中で、成婚する人は【好き】だけで結婚はしていません。

成婚のためには初めにプロフィールからお相手を選び、お見合いの申し込みをして、お相手も自分のプ

ロフィールを見て関心を持ってもらえたらお見合い成立です。

実際のお見合いで、初めてお相手と直接会って会話をし、二人きりの時間を共有しますが、お見合いの

約1時間程度の時間内では【好き】という感情よりも、緊張感や相手に失礼が無いようになど、相手に

対する気遣いや、相手との会話に注意が行き過ぎて、自分の気持ちと向き合う余裕がありません。

お見合いでお断りされる方は、プロフィールのお相手情報をもとに、自分自身でお相手のイメージを作

りこみ過ぎて自分の作ったお相手のイメージとの違いを見つける事に注意がいき、お相手に対する気遣

いがなく、会話中に笑顔がなかったり、質問攻めにしてしまったり、興味のない話には露骨につまらな

そうにしたりする方もいます。

こういったお見合いは残念ながら、相手の事をよく知る前にお断りされます。

 

お見合い後交際になるということ

【好き】になったから仮交際に進んだわけではありません。

お見合いで1度しか会っていないのですから【好き】になる暇はないでしょう。

好感が持てたり、相手をもっと知ってみたい、初対面で感じが良かったなどお互いに相手に対してプラ

スのイメージや、興味・関心を持てたという事です。

結婚相談所ではこの3か月の仮交際の間に、デートをしたりメールやLINEで連絡を取り合い真剣交際を

するかどうかを決めていきます。

 

仮交際は一般的なカップルの交際ではなく、交際という言い方をしていますがお知り合いといった解釈

です。

友人、知人の紹介や、自然な出会いをしたカップルでも、1度しか会っていない相手をいきなり【好

き】になったりしないでしょう。

 

何度か食事に行ったり、遊びに行ったりしながらお互い惹かれあうものがあり、恋愛感情を持つように

なる事が多いのではないでしょうか。

結婚相談所での仮交際中は、まさにこの時期です。

真剣な恋愛・結婚相手としてのお付き合いをするかどうかを考える時期なのです。

 

結婚相談所での婚活は効率的にお相手と出会うことができます。

お見合いが成立して3ヶ月の仮交際が順調に進めば、仲人・カウンセラーから真剣交際に入るかどうか

の打診が来ます。

3ヶ月の仮交際中に、相手を結婚を前提にお付き合いをするかどうかを決めるのです。

会うたびにキュンキュンしたり、相手を見ると目がハートがになるようなことは少ないでしょう。

しかし、実際の結婚生活で新婚時期が過ぎて毎日がラブラブでハッピーなだけでは円満な結婚生活は育

めません。

結婚生活のなかで、言いづらい事を相手を咎める言い方でなく、自分の意見を伝え理解してもらう、お

互いの意見が違った時に、どう折り合えるかなど相手を理解しようとしたり、尊重する気持ちがなけれ

ば関係が悪くなるような場面が多々あります。

 

相手を好きだから何も言えない、嫌われたくないでは済まされないのが結婚生活です。

結婚は、恋愛の延長線上だけのものではないからです。

結婚相談所は恋愛の場ではなく、結婚相手を探す場です。

婚活している女性の悩みで多いのが、

「好きになれる人がいない」

「恋愛出来ない人との結婚は考えられない」

「いい人だけど、恋愛感情をもてない」

こういった悩みを持つ女性は、結婚より恋愛をしたいと思っている方が多いのです。

容姿、年収、学歴などの詳細をわかってお見合いしているのに【好きになれないから】という理由でお

断りしているあなたは、本当に結婚したいのでしょうか?

 

成婚者の声

【初めて会った時、全くタイプではなかったけれど、交際を進めるにつれて相手の人間性に惹かれた】

【これまで付き合って人とは全く違った】

【恋愛というよりも、もっと深い愛情を感じることが出来た】

成婚された方のほとんどが相手に対し【好き】だけで結婚されていません。

好きという事はもちろんですが、相手に対し尊敬・安心感・信頼感を持たれた事が成婚の決め手となっ

ています。

自分が好きになった人が、相手も自分を好きになってくれて、お互いに信頼でき尊重しあえる相手とな

るのは素晴らしい事です。

考え方を変えると、尊敬出来て一緒にいて安心できる相手を好きになるのは、順番は違えど信頼関係は

大きく変わります。

結婚相談所での婚活は、それを実現できる場です。

 

結婚相談所で出会った人にときめかない

仮交際中の方の相談で多いのが、

「特にダメなところはないけど、好きという気持ちや相手に対してときめく事がない」

結婚相談所の仮交際は1度のお見合いでお互いOKであれば始まります。

初めて会って2~3回しか会っていない人に恋愛感情は持てないのも当然です。

 

結婚相談所で婚活される方の考え方に多いのが、

「結婚相談所で理想の相手に出会い、お互いに惹かれあって結婚できる」

成婚者の方はお互いに惹かれあって結婚されていますが、仮交際が始まって直ぐに恋に落ちていたわけ

ではありません。

婚活していると、結婚する過程の自分の気持ちをある程度想定して活動されると思いますが、自分の期

待値が大きいと、

「これくらいの気持ちでは結婚相手として見られない」

「結婚相手ならもっと好きになっているはず」

自分の期待値から外れる事に物凄く不安と焦りを持たれます。

結婚は恋に落ちて、相手の全てを好きで好きで仕方ない盲目状態になるからする事ではありません。

異性として好きである事・尊敬できる事・価値観の共有、言葉では表せない二人だけの居心地の良さ

等、人生の半分以上一緒に過ごす相手として1番自分が落ち着ける事が重要です。

結婚相手に対する自分の気持ちの期待値をいったん無くして、フラットな気持ちで相手と交際してください。

燃えるような大恋愛ではなく、静かな愛情を大きく育める相手とご縁が繋がるのではないでしょうか

 

 

The following two tabs change content below.
結婚カウンセラー/NPO日本家族カウンセリング協会員。 心理カウンセラー/メンタルトレーナー/DNAアドバイザー/病児保育スペシャリスト/幼稚園教師/保母免許保持