ウィズコロナ禍の婚活で見えるもの

 

ウィズコロナ・アフターコロナの婚活

先の見えないコロナに収束で、ウィルマインをはじめ多くの結婚相談所はオンライン婚活・リモートお見合いを取り入れています。

これまで直接会う事が必然であったお見合いですが、今の状況を考えると直接会ってもお互いマスク姿での緊張感のあるお見合いに対し、オンラインを用いる事で感染リスクを下げるだけでなく、お見合いに臨むハードルが下がっているのかもしれませんが、現状のお見合い成立率は上がっていいるだけでなく、仮交際に進むカップルが少なくありません。

仮交際になっても直接会う事が少し先になる方も多いですが、お見合い時にオンラインで出会っているため、通常ならメールや電話、LINEでの連絡方法しかありませんでしたが、直接会えない分オンラインで毎日会話することで、相手の内面を短時間で深く知る事ができるというメリットを感じられている会員さんの意見を多く聞きます。

コロナ禍での婚活意識

最初にも言いましたが、女性は特に男性に対して年収・年齢・職業を重んじますが、交際に入ると社会性を重んじます。

以前活動中の会員さんから相談されたことですが、

「世界で二人きりだけなら、私にとって最高の相手ですが、家族や友達に紹介してその人たちが彼をどう思うか、彼は周囲の人と上手くやってくれるかどうかを考えると結婚が不安です」
という事がありました。

結婚は二人だけの事ではありませんが、違う言い方をすれば二人が幸せなら周囲も温かく見守てくれます。

女性は、好きな男性に社会性を求める傾向があります。

その人が、周りにどう思われ、どう振る舞い、社会の中でうまくやれているか、評価されているかを気にする人が多い事は仲人の目線からも感じ取れます。

それを判断するための分かりやすい要素が、経済力と協調性ですが、両方を気にする女性もいれば、どちらか片方を気にする女性もいるでしょう。

どちらも全く気にしない女性もいるにはいるが、少数派だと思います。

ここでいう社会性とは、結婚相手が自分の家族・友達など周囲の人に対してどういった振る舞いや言動をするかといった事です。

一方男性は、好きな女性に社会性を求めるよりも、自分が「好きだ」と感じたら、その女性が周りから批判されていても、気持ちが萎えたりはしない傾向があります。

男性にとっては、自分に対してその女性がどうであるかが重要で、その女性が周りにどう接し、どう思われているかは関係なく、自分に接する女性の言動が大きな値を占めると言っても良いでしょう。

コロナのような非常事態だからこそ、相手の考え方や社会性を見れる機会ではないでしょうか。

オンラインお見合い・オンラインデート

新型ウィルス感染拡大で、日常の生活も【新しい生活様式】をとりいれるようになりました。

それに伴い、婚活も【新しい婚活様式】をとりいれるようになり、外出禁止期間を経験したことで、婚活相手に求めるものの変化があった方が少なくありません。

これまでは相手に求める条件で多いのが【年収】【学歴】【年齢】【職業】【居住地】といったものでしたが、現在は【社会性】【人柄】【おおらかさ】【価値観】など内面を重視される傾向が大きくなっています。

結婚はしたいから婚活は続けたいけれど、今の状況で対面で合うのは控え、当面はオンラインでのやり取りを続け、実際に会うのは安心感を持てるようになってからといった女性の意見も多く聞きます。

こういった姿勢を理解し、お互いにオンラインでやり取りをしているだけでも相手の内面的な事が理解出来るのではないでしょうか。

コロナの収束を待って婚活しようと考えていても、今のところはっきりした時期は見えていません。
どんな状況でも、出来ない理由を付けて何もしないよりも、出来る範囲で何か行動してみることが自分自身の前向きな気持ちにもつながるのではないでしょうか。

あなたが【婚活】に迷っているなら

必須お名前
必須メールアドレス
お電話番号
必須性別 女性男性
年齢
必須お問い合わせ種別
お問い合わせ内容

 結婚相談所ウィルマインの個人情報保護方針に同意する

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
結婚カウンセラー/NPO日本家族カウンセリング協会員。 心理カウンセラー/メンタルトレーナー/DNAアドバイザー/病児保育スペシャリスト/幼稚園教師/保母免許保持