35歳からの婚活

結婚相談所で、婚活をしている方の中には

プロフィールを見てお見合いの申し込みをしても、

お相手からお断りされたり、いざお見合いをしても、

その後お断りされた経験がある方もいらしゃいます。

35歳のジレンマ

34歳と35歳は、たった1年の差です。
婚活業界において34歳と35歳では大きな違いが出てきます。
特に女性の場合、お相手が子供を持つことを希望されていれば
プロフィールを見て年齢が若い方を希望されることが多いのです。
男性がお相手を選ぶ傾向として、自分よりも若い方を希望されます。
中には40代で20代の女性ばかり申し込みされるツワモノもいます。

女性の場合、自分と同じか5歳程度年上を希望されることが多いです。
35歳の女性だと、お相手希望35歳~40歳くらいまでとなります。
40歳の女性だと、お相手希望40歳~50歳くらい。

男性の場合、自分と同じか10歳くらい年下を希望されます。
35歳男性だとお相手希望25歳~35歳くらいまでとなります。
40歳男性だとお相手希望30歳~される35歳くらい。

男女の希望年齢が出会いを妨げていることにお気づきでしょうか。
あくまで傾向ですが、35歳女性にお申込みされる多くの男性は
40代もしくは50代の傾向にあります。
しかし、35歳の女性のお相手希望年齢は40歳までとなっていて、
申し込みがきても1度も会わず断ってしまう事も少なくありません。

データマッチングでは、年齢でお相手を探すことが簡単に出来ます。
結婚情報サービスの会社もたくさんあります。
もちろんウィルマインでもデータマッチングシステムを利用していますが、
それだけではありません。
自分では選ばなかったお相手や、条件に縛られ過ぎて出会いのチャンスを
無駄にすることが無いよう専任カウンセラーが広い視野で
お相手をご紹介したり、お申込み相手について一緒に考えます。

自分一人の価値観や条件を頑なに持ち続けていると、
婚活疲れに陥ったり、何年も婚活しているけど結果が出ない
という事になりかねかせん。

「35歳から婚活をはじめてお見合いをしたけど、条件に合う人が
 なかなかいなくて、、、気づいたら40過ぎてしまって、、、」
初回面談時によく耳にします。
自分の条件にピッタリの人と出会え、その相手も自分に好意を持つ
ということは滅多にありません。

成婚された方の例ですが、
「そんなにタイプではなかったけど、カウンセラーさんから
 嫌でないなら会うだけあってみたらと言われ、実際に会い
 話をしたりデートを重ねるうちに、一緒にいて落ち着くなぁ
 と感じるようになった頃、プロポーズされました。
 あの時お断りしてなくて本当に良かった」

あの時断らなくて良かった

これは成婚された方が良く口にされます。
ご成婚の報告を受けたときに
「最初のお相手希望とはずいぶん変わったんじゃないですか?」
と聞くと、
「実際の結婚は、条件だけじゃないんですよ~(笑)
 でも、一緒にいると安心できるんです!
 あんまりいじめないでくださいよ~」

成婚された会員さんは、入会時に【結婚とは】【結婚相手の条件】の
凝り固まった考えを、10年先20年先まで想像し、本当に必要なこと
心の断捨離をしてみて、初めて気づく事のできるお相手選びの基準を
自分なりに作り直し、新しい人生をパートナーと一緒に歩めるに至ったわけです。

婚活中は1歳でも若い妻がいいと言っていた元男性会員さん。
成婚退会されたお相手は姉さん女房ですが、奥様になられた方は
「私の方が年上だから甘えられない相手かと思っていたら、
彼の方がしっかりしていて驚いた。」

38歳の女性で50代の方と成婚された方。
「年齢差がありすぎて最初は躊躇したけれど、50代とはいっても
人それぞれだし、彼は誰より私を尊重してくれる」
こんなことはしょっちゅうです。

30代後半に入ると、これまでの経験や価値観が確立してきます。
婚活市場という言い方は好みませんが、35歳を過ぎると
女性の場合結婚相談所を利用するしないに関わらず、
成婚の確立は下がっています。

あなたが今35歳前後で、初めての婚活を始めようとしているなら
大手相談所で自力で婚活することよりも、
あなた自身に、あなたに必要なサポートをしてくれる相談所を選んでください。
【結婚情報サービス】と【結婚相談所】は大きく違います。

あなたが他者相談所での経験があるなら
本当の婚活や成功は、会員数や巷によくある口コミが正解でないことを
理解したでしょう。
1年以内に成婚したいなら、自分が信頼でき、直ぐに対応してくれる
相談所でないと意味がありません。
せっかく結婚相談所で【結婚希望】の相手との出会いの
チャンスがたくさんあるのですから、枠にはまった考えだけでなく
自分の理想の相手が、本当に自分の将来のパートナーに不可欠なのか
1度考えてみてはどうでしょう。
【35歳の婚活】
結婚には家族を作るという目標を持たれ、子供を欲しいと
婚活スタートさせる方も多いのです。

日本産婦人科学会の定義では【35歳以上の初産婦】を
高齢出産との表現をします。
理想を言えば、将来子供を持つことを考えれば
30歳から婚活を始めることが妊娠、出産を考えた場合
妊娠、出産のリスクが少ないというデータがあります。

こういった面から、女性よりも男性の方が婚活には有利と言われています。
しかし、男性は出産をしないですが、やはり年齢や生活習慣により
精子の質にも変化があります。
女性は結婚前にブライダルチェックを受ける方もいますが、
男性のブライダルチェックは女性と比べるとかなり少ないでしょう。

自分の年齢と、人生設計を真剣に考え
【容姿】【年収】の条件だけでなく、【選ばれる自分】になる努力
覚悟をもって婚活することが重要です。
恋愛と大きく違う結婚は、相手との人生が始まる事です。
相手の人生の良い事、辛い事を自分のことのように考え
一緒に喜び、悲しみ乗り越えていくことが結婚生活です。

男女の違い
同じ35歳といっても、男性と女性ではイメージが変わります。
プロフィールで
男性35歳、会社員、年収500万

女性35歳、会社員、年収500万

同じ条件なのに、思い描くイメージが違う事がおわかりでしょうか。

一般的に男性35歳であれば、結婚市場では自分からのお見合いの申し込みや
お相手からのお申込みをされやすくなっています。
男性は自分よりも年下の相手を希望する傾向ににあり、
希望条件が同じであれば、年齢で相手を判断することが少なくありません。
20代であれば同じ年齢で成婚する確率は高いですが、
35歳からの婚活は、男性の方が活動しやすいともいえるでしょう。

女性が活動しやすい20代は、結婚相談所で活動しやすいだけでなく、
自然な出会いにも恵まれています。

じゃあ35歳からは婚活しても意味がない?

35歳からの婚活は、自分自身を客観的にみて自分自身の強みや
他人の意見を聞く力、これまでの価値観を一旦置いてみる事ができれば
全く問題ありません。
これは個人差があり、年齢で一括りにできる事ではありません。

初回面談で35歳以上の女性で
「年収800万以上、年齢は40歳前後の方で親との同居NG
 安定した士業の職業の方希望。子供は出来れば授かりたい」
こういった希望を言われる事があります。

ウィルマインでは約10万人の会員さんがいらっしゃるので、
条件に合う方はいます。
しかし、その条件に合う方がその女性を選ばれるかは、
その女性の資質次第です。

ウィルマインをはじめ、小規模結婚相談所のカウンセラーは成婚のプロです。
会員さんの成婚のために、最適な活動や所作、思考を張り巡らせます。

結婚相談所で活動しても、なかなかうまくいかない人は、
「お金を払ってまで活動してるんだから、自分の求める条件の人以外は
 申し込みもしないし、されてもお断り!」
「自分の希望する条件の人に申し込みをしても断られるのは、相談所のせい。」
その考えも理解できます。

結婚は相手がいてこそ成立します。
自分の価値観しか正解ではなく、それが上手くいかなかったら
他者の責任という考えは、実際の結婚生活でも大きなマイナスです。
あなたのパートナーが【自分の正義】だけを押し付けて
何か問題があれば全てあなたの責任だと言ってくる相手だったら
あなたは幸せな結婚をしたと思えるでしょうか。

結婚生活を共に歩む相手選びは、あなたの心の価値観を写す鏡です。
あなたの心の価値観を柔軟にすることが、幸せな成婚のはじまりです。

多くの出会いの中で、モテる必要はなく、
マッチングアプリのように【いいね】は必要ないのが
結婚相談所の活動です。
たった一人のパートナーが、あなたのこれからの人生を豊かにし、
あなたの1番の信頼できる相手となります。

30代と言っても30歳と35歳は婚活市場では一括りではありません。
30代、特に35歳からの婚活ならプロの仲人がサポートすることで
あなたの婚活が意味あることになるかもしれません。

あなたの本気結婚相談なら

・お問い合わせ項目を選択してください(必須)
無料相談ご予約サービスについてその他

・お名前 (必須)

・性別 (必須)
女性男性

・年齢 (必須)

・メールアドレス (必須)

・メールアドレス (確認)

・電話番号

・郵便番号

・ご住所

・ご希望予約日時1

・ご希望予約日時2

・お問い合わせ内容をお書きください(必須)

 結婚相談所ウィルマインの個人情報保護方針に同意する