失敗しない婚活。自分に合った婚活方法

コロナの感染拡大の収束が見えない中で、婚活に焦りを感じていませんか?

いつまでに結婚したいのか?

自分の年齢・結婚観やライフプランを考え・結婚を意識する人。

周囲の人がどんどん結婚していくのを見て焦って結婚を考える人。

結婚した友人・知人の幸せそうな姿を見たり話を聞いていた人。

自分が結婚を意識するのには様々な理由があります。

コロナが与えた婚活への影響

婚活の1つに婚活パーティーや合コン、相席居酒屋などがありますが、コロナの影響で人と接する事自体が難しくなりました。
外出自粛の影響もあり、家で一人の時間が多くなったこともありマッチングアプリを始める人も多くなっています。

結婚相談所の会員さんの中にはマッチングアプリ・婚活アプリも利用している人が少なからずいます。
相談所での婚活以外は禁止ではないので、自分に合った方法を色々試してみる事は大賛成です。

婚活アプリを利用している会員さんとの面談で、

「マッチングアプリだとイイネが貰えて相手からの好意が解ったり、実際に会うまでにメールやチャットで連絡を取り合えてある程度相手の事を知る事が出来るけれど、結婚相談所では、お見合いの時まで相手と連絡を取ることが出来ないからすごく緊張する」
との相談がありました。

確かに結婚相談所では、実際のお見合いまでは仲人を通じて以外の直接的な連絡は取れないし、残念ながらイイネももらえませんが、実際にマッチングアプリで活動して【いいね】をたくさんもらったり、マッチングが成功したのにお相手と連絡が取れなくなり、1度も会わずにフェードアウトという事も多いようです。

【いいね】をたくさんもらっても理想の結婚相手に出会えるわけではありません。
自分が付けた【いいね】に対して【ありがとう】の意味で【いいね返し】をする人もいるし、結婚に対して前向きな人ばかりではありません。
近年マッチングアプリの登録者はコロナの外出自粛ムードの高まりもあり増加傾向にありますが、利用者の中には家での一人時間の寂しさを紛らわせたり、暇つぶしに利用している人が少なくない事もあります。

結婚相談所のメリット

お見合いの時まで相手とメッセージのやり取りはできませんが、結婚相談所のプロフィールには、必須登録情報に虚偽の記入はありません。
自分の経歴・家族構成・現在の年収・独身証明など公的な証明書を提出していなければ登録できません。
実際会って話をしたら既婚者だった
年収を偽っていた
年齢を偽っていた
結婚が目的ではなかった

こんなことは絶対にありえません。

【いいね】こそもらえませんが、お見合いの申し込みを受けてもらったり、申し込みをしてくれた相手は、あなたに対して結婚相手として大きな関心を持っているという事です。

年齢や性格によって婚活の方法が変わります。

20代前半なら【恋活】兼【婚活】気軽に始めるツールとしてマッチングアプリを利用するのも良いかもしれません。
ただし、どの年齢の人にも共通する事は、相手の登録情報に嘘がないこと、プロフィールの内容に不信感があるような相手を避けなければいけません。
結婚相談所と違い登録情報の内容が正しいかどうかのチェックは誰もしてくれません。
相手とのメッセージのやり取りを通じ、相手の気持ちだけでなくプロフィールの内容に虚偽が無いかを見極めなくてはいけません。

「信用するまで会わない」「誘われてもすぐに会わない」等自分でライン引きをすることや、どんなに気に入った相手からの要望でも、直ぐに自分の個人情報を明かさないないよう警戒してください。

手軽に異性と出会える利便性がある一方で、様々なトラブルに巻き込まれる可能性があることを踏まえ、慎重に利用できるなら素敵な相手と出会うことが出来るかもしれません。

真剣に結婚したい20代後半から30代の婚活

20代後半からの婚活は短期間で進める事をオススメします。

婚活市場では年齢が1つ上がるだけでもデーター検索で見つけてもらえなくなり
自分が気に入った相手へアプローチする事も難しくなります。
マッチングアプリで相手の素性を確認しながら1年も2年も婚活していては先が見えなくなります。
真剣に結婚を考えるなら、マッチングアプリだけでなく結婚相談所で婚活することが安心で効率的な婚活といえるでしょう。

「恋した人・好きになった人でなければ結婚したくない」


恋をしたり相手を好きになる事は1人で出来ますが、結婚は相手が必要です。
自分が好きになった相手が、相手も自分を好きになってくれる確率ってどのくらいだと思いますか?

あるデータで好きな人と両思いにれる確率=400分の1 たったの、0.0025%しかカップルが誕生しません。


【恋活】では恋の駆け引きも醍醐味となりますが、【婚活】に相手との駆け引きは必要ありません。

相手から好意を持ってもらえる努力は大切ですが、【女性から誘うのは恥ずかしい】【自分の方が好きだと思われたら負けた気がする】なんて考え方は婚活が長引くだけでなく、せっかくの出会いを逃してしまう事になります。

片思いの切ない気持ちや、恋のトキメキを1番大切にしている人が婚活で苦戦するのは運命の人が白馬にのって現れるようなシチュエーションを思い描いているのかもしれません。
理想の相手の条件に合う人だけに申し込みするだけでなく、自分の理想とは違っていても何回か会ってみるうちに、自分の結婚に必要な条件が変化していくことに気づくと思います。

大きく変わった結婚相談所の婚活

コロナの収束が見ない状況では、直接会う事に戸惑いや不安がると思います。

元の生活に戻るには数年かかるともいわれていますが、現在婚活中の人がコロナの収束を待っている時間はありません。

これまで結婚相談所の活動のお見合いは、直接会う事が必須でした。
しかしコロナの影響を受け、オンラインお見合いやオンラインデートが出来るようになりました。

オンラインを利用する事で、1日にお見合い可能な人数が劇的に増え、申し込みが上手くいけば1日に5人の相手とのお見合いも実現しています。

結婚相談所でのオンラインお見合いでは、相手の事がわからないのではと心配される方もいますが、オンラインお見合いが始まってから交際成立が増えたり、これまでお相手の居住地がネックでお見合いを断っていた方が、オンラインを利用する事でお見合いし順調に交際に進んでいる方もいます。

オンラインであっても生理的に無理と思う方はわかります。
生理的に無理な人以外、積極的に仮交際に進むことで成婚に近づきます。
仮交際中は他の相手ともお見合いも出来るし、真剣交際までは同時に複数の方との交際ができるのも結婚相談所ならではです。

仮交際中のデートもオンラインを重ね、直接会う実際のデートで真剣交際の申し込みカップルもいます。
コロナ禍の生活や環境で、抱えている不安は同じ中、相手とのLINEやオンラインデーを通じて安心感や信頼関係を得ることが出来るカップルが増えている事は確かです。

結婚したい時期に結婚できる事は幸せな事です。

今だからできる事を【今】始めることが婚活には重要です。

あなたが【婚活】に迷っているなら

必須お名前
必須メールアドレス
お電話番号
必須性別 女性男性
年齢
必須お問い合わせ種別
お問い合わせ内容

 結婚相談所ウィルマインの個人情報保護方針に同意する

The following two tabs change content below.
結婚カウンセラー/NPO日本家族カウンセリング協会員。 心理カウンセラー/メンタルトレーナー/DNAアドバイザー/病児保育スペシャリスト/幼稚園教師/保母免許保持