結婚、それの深ーーーーい意味

 

結婚について考える時、

外せないのが子供を持つ、持たない

もしくは、既に持っている環境。

 

3組に1組は離婚する現状。

それを踏まえて、再婚を考えたり、

シングルマザー、シングルファーザーとの結婚を

視野に置かれている方、

 

結婚とは一口に括れない、それぞれの環境、状況、
価値観で、成り立つものです。

 

今日は、私の知人の結婚生活を赤裸々に語って
本当の結婚生活の幸せとは何か?
についてお話したいと思います。

 

私の知人は、若くして出来ちゃった結婚をしました。
当時、奥様はまだ20歳前後の少女と、女性のはざま。

ご主人は30代。

出来ちゃった結婚してすぐは、奥様は若くしてお母さんになり、
妻になったせいか、ご主人のいう事に否定すらしてはいけない家庭でした。

 

ご主人はと言うと、

やりたい放題!!

奥様が若くて、人生経験が少ない事を良い事に、
それこそ少し前にニュースで話題になった国会議員のように、
愛人を何人も作り、半同棲したり、
海外挙式まで挙げていました。

 

けなげな奥様は、

「破天荒な旦那様だけど、女性関係は心配ありません!!」

と、断言しておられました。

 

でも、、、

 

その旦那さんの女性関係が、、、

酷過ぎ、、、

それを信じ切っている奥様は、

今や子沢山!

 

結婚とは主従関係ではありません。

 

お互いをパートナーとして認め合い、より豊かになる人生の為の

パートナーです。

家事が苦手な奥様、片付けが苦手な旦那さん。

それでも、良いんです!

 

一番大切なのは、パートナーを尊重する気持ちです。

パートナーの事を大切に思っていれば、
ひどい裏切り行為、無責任な行動なんて決してできません。

今、この家庭がどうなっていると思いますか?

 

旦那様は、相変わらずやりたい放題で、金銭的だけの責任を果たしています!

 

奥様は、満たされない承認欲求のバランスをとるためか、
カルト的な思想の団体に所属し、それを追求することで、
その団体の中で評価され、自己肯定感を持つようになりました。

奥様、旦那さんはそれでいいでしょう。

でも、

子供は?

子育てはご飯を食べさせて、身体だけを成長させることではありません。

再婚を考えていたり、子連れ結婚を考えている方、

ここが重要ポイントになります。

結婚して子供を授かり、子育てが始まったとき、
パートナーが、家庭を育む事に全く興味を持てず
家庭にあまり目がいかなければ、ワンオペ育児のスタート。

初めての育児は、一番信頼関係を作る土台になる時期。
パートナーは、【家庭の責任はお金で解決できる】という価値観。

幸せですか?  
子育てを楽しいと思えますか?

 

本当の父母であっても、

お互いの価値観、子供に対する気持ちが希薄だったりする事、、、

子どもにとってどれだけ残酷な事か、計り知れません。

産まれてきた赤ちゃんは、自分では食べる事はおろか
養育者がいなければ、生きていけない無力な存在です。
悲しいことですが、1番非力で大切に扱ってあげなければ
壊れてしまいそうなくらい頼りなく可愛い時期の虐待死が1番多いのです。

こんなニュースを目にするたびに、
「父親が虐待してるのを、なぜ母親は止めなかった」

と疑問に思う人も少なくないでしょう。

止めなかったのではなく、止められなかった。
最初は止めたが、止めたことに腹をたてられ逆らえなかった。
一緒に虐待をすることで、何かを共有する感情が沸いた。

これが夫婦の在り方でしょうか?

パートナーに上下関係はないはずです。
そんな力関係で成り立つ家庭は、機能不全です。

そんな状態を抜け出すための離婚。
大正解です!

結婚は、育った環境も価値観も違う二人が、
お互いを認め合い、尊重し成り立つものです。
それぞれの違いに優劣をつけるのではなく、
その違いを認め合い、同じ目標をたて
【幸せな家庭】を築くという目的のためにあります。

夫婦の形、家族の形は多種多様ですが、
【お互いの違いを認め合う】事は共通です!!!

ステップファミリーになる事への不安や悩みは、想像出来ます。
でも本当の家族だからこそ、乗り越えられない事もあります。

再婚、ステップファミリー

ウィルマインでは最善をつくしてサポートします。

本当の家族であっても、築けない安心出来る家庭。

両親が、全く別の方向を見ている不適応家族

そうならない方法、そうしたくない方。

ウィルマインは、とことん寄り添います!