ハイスペック40代の婚活

男性23.37%、女性14.06%

これって何の数字かわかりますか?

2015年の国勢調査での生涯未婚率です。

20代の婚活なら、男女問わず活動しやすいかもしれないし、

「まだ早い、もっといい人が現れるかも」なんて気持ちも
あるかもしれません。

実際20代で結婚相談所に入会される方は全体からみて、
少ないのは確かです。

30代の婚活

男女とも、社会人として自立し経験や知識が増えると共に、自分の人生について考える人も出てくるのではないでしょうか。

結婚すれば当然結婚後の生活スタイル。

結婚後の住まいや仕事。

女性なら出産、出産後の生活スタイルのカスタマイズ。

40代の婚活

仕事の責任も重くなり、金銭面では安定しているけど将来の自分の人生を

より深く考える人が多くなるでしょう。

男女とも出産についての事など、とくにナーバスになる事柄です。

20代から比べると、30代40代の婚活は難しいと言われます。

なぜでしょう?

簡単に言うと、

相手に多くを求め過ぎているのではないでしょうか?

婚活が辛い

辛いというのは、自分の思うように事が運ばない

という事が原因かもしれません。

自分の理想の相手と出会えない。

その理想って本当に必要ですか?
40代でハイスペックな経歴や、容姿に自信がある方の中には
「これだけの経歴を持っている自分だから、
 それに見合う相手じゃないと、、」
と、考えていらっしゃる方が少なくありません。
厳しい意見になりますが、
婚活に出身大学、職業、容姿は重要であることは確かです。
しかし、40代からの婚活であれば、人生80年と考えれば
既に折り返しの年齢です。
これまでの独身生活から、残りの人生をパートナーと歩む生活
になります。
20代の時とは違い、若さと勢いで乗り切れる事ばかりでは
ありません。
容姿の変化は、男女とも否めません。
どんなイケメンも、どんな美人も公平に年齢を重ねます。
どんな経歴、職業であろうが平等です。
生活に困窮するような経済状況でない限り、
年収にばかり目を向け過ぎると、お金があっても寂しい結婚生活
にならないとも限りません。

アラフォー、アラフィフともなれば、身体的にも
これまでは感じなかった変化を実感するでしょう。
体型だって変わるでしょうし、老眼にもなります。
自分自身のスペックが、即戦力になるとは限りません。
お互いの変化を共感し、思い遣る関係であれば最適でしょう。
反対に、自分のスペックに縛られたままパートナー選びを
難しくし、出会うチャンスさえ逃したまま、10年後
後悔しているかもしれません。
40代の婚活は、一緒に老後の生活を過ごす相手と
捉えてみてはどうでしょう。

結婚相談所で【ハイスペック】を謳っているところもありますが、
職業であれば【医者 弁護士 大手企業役員】というところでしょうか。
職業を一括りにして、その人の人間の価値までは解らない事や
どんな職業の人であっても、人それぞれ重要視するスペックは違います。
あなたにとってのスペックとは何でしょう。

高収入=ハイスペックの公式は、結婚には当てはまりません。
40代の婚活は、金銭的は余裕が欲しいという意見は理解できます。
どんなに金銭的に恵まれていても、心の貧しい結婚生活は
【ハイスペック】とは言いません。
相手の職業、年収、年齢にばかり振り回され【ハイスペック婚活】に
向かうと、まず成婚に至らないでしょう。

ホセ・ムヒカ大統領がスピーチで(ウルグアイ40代目の大統領を辞任したムヒカさんは、「世界一貧しい大統領」として知られている人物です。ウルグアイ40代目の大統領を辞任したムヒカさんは、「世界一貧しい大統領」として知られている人物です。)
「貧乏なひととは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」
これは40代の婚活中の人の心に留めて欲しいと思います。

スペック重視の婚活が、あなた自身を疲れさせたり
落ち込ませたり、時には婚活を辞めてしまうかもしれません。

40代ハイスペック婚とは、
あなたが毎日を平穏に暮らせ、これからの人生を一緒に楽しみ、
健やかなるときも、病める時も同じ熱量であなたの心に寄り添ってくれる
そんな結婚こそ【ハイスペック婚】だと気付いてください。
自分の1番の理解者、伴走者がいる人生こそ【ハイスペック】です。
毎日の食事、生活リズムなど普段の生活が自然体でいられる関係は
40代には難しいのです。
なぜなら、これまでの自分流の生活スタイルが確立しているからです。

婚活市場で40代の婚活は決して甘くありません。
しかし、あなたが自分の人生を変化させる勇気、
何を【高スペック】と捉えるかで10年後、20年後が変わります。
40代のあなたが、10年後
「10年前に戻りたい」と思っても、それは無理です。
今、あなたは人生で1番若く、10年後では出来ない考え方や
物事の捉え方が出来るはずです。
何が自分にとっての【高スペック】かを見つめなおしてはいかがでしょう。

人生の半分を独身で生きてきたあなたは、
これからの人生をどんな人と歩みたいですか?

結婚は人生の幸せの片道切符ではありません。

どんな価値観で相手を選び、どんな結婚観で結婚生活を営むかで

【結婚】が幸せなものか、そうでないものかになります。

結婚当初は優しかった。

昔は綺麗でお洒落だった。

経済的に安定していると思っていたのに、、、

既婚の人から良く聞くはなしです。

結婚しても3人に1人が離婚に至っているのも悲しい現実です。

婚活中の人から見れば???じゃあなんで結婚したの???

そう思われるかもしれませんね。

既婚者の方でも1度や2度は離婚を考えたカップルはかなりいます。

なぜ離婚しなかったか?

「本当に許せなくて離婚しようと思ったけど、パートナーの【〇〇〇〇〇】は、

他の人にはないから離婚に至らなかった」

離婚を踏みとどまるのに必要だったのは、パートナーとの関係のなかで

たった一つだったんです。

【〇〇〇〇〇】これはカップルによって様々な意見があるでしょう。

婚活しているときには沢山の条件や理想を思い描いても、

本当に必要だったのは、パートナーが自分にとって

誰にも代わりが出来ないたった一つの事。

40代で婚活が辛いと感じているなら、

1度全て削ぎ落として考えてみてはどうでしょう。

あなたの事を、誰よりも理解し見守ってくれる
信頼できるパートナーを見つける事が出来るかもしれません。